自己破産㉘不安定な収入による不安からギャンブルに手をだしたことで 借金がかさみ自己破産した事例

依頼者属性

佐賀県 嬉野市在住 40代
女性 借金約410万円 借入先7社

概要

彼女の旦那さんは建築関係の仕事をしており、仕事があるときは生活していくのに問題ない収入を得られていましたが、仕事が全くないときもあり、収入が不安定でした。そして、十分な収入が得られない時に子供の保育料も払えないような状況であったため、彼女は消費者金融業者から借り入れをしてしまいました。これが借金の始まりでした。その後は、十分な収入が得られないとき、十分な収入があっても借金の返済に困ったときに新たな借入を行うようになり、彼女は借金に追われる生活を送るようになってしまいました。

このように借金に追われる生活をしていると、だんだん心の余裕がなくなっていき、夫婦仲も悪くなっていきました。借金のこと、夫婦仲のことなど、だんだんとストレスが溜まるようになり、ついにはギャンブルにまで手を出してしまいました

しかし、このような生活がいつまでも続くはずがありません。

彼女は、もうこれ以上払えない、借金をきちんと整理したいと当事務所に相談にお越しになりました。

旦那さんの収入が安定しておらず、小さい子供を抱えていたため彼女が働くこともできない状況で、借金を支払う余裕はありませんでした

そして、彼女自身に財産もなく、自己破産によるデメリットも最小限にとどまるような事案でした。そこで、彼女に自己破産による解決が妥当であることをお話して、自己破産ですすめていくことになりました。

自己破産の手続きについてですが、彼女がギャンブルを行っていたため、免責不許可事由との関係で管財事件になる可能性がありました。しかし、ギャンブルを行ってはいたものの、短い期間で、少額であったこと、ギャンブルが主な借金の原因ではなかったこと、などから管財事件とはならず同時廃止事件で進めてもらえることができました。

生活が苦しいときは、働いて給料を増やすか、支出を抑えるかをまず考えるようにしましょう。車などを買う場合はローンを組むこともやむを得ないですが、ある程度見通しをたてたうえでお金を借りないと最後には自己破産ということになりかねません。みなさん、ご注意ください

分類別に見る西九州総合法律事務所の解決事例

▶ 解決事例一覧を見る
  • 性別
  • 男性
  • 女性
  • 年代
  • 20〜30代
  • 中高年世代
  • シニア世代
  • 借金額
  • 300万 円~600万 円
  • 600万  円~1000万  円

※中高年世代は40代~50代、シニア世代は60代以上です

300万円~600万円の最新記事

中高年世代の最新記事

女性の最新記事

自己破産の最新記事

初回の相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。 0954-27-8056 受付時間:平日 9:00〜12:00 13:00〜18:00 メールでのご予約はこちら
初回相談無料 ご予約専用ダイヤル 0954-27-8056 電話受付 9:00〜12:00 13:00〜18:00
LINEで相談受付中