自己破産㉑離婚後のストレスにより浪費をしてしまい、自己破産に至った事例

依頼者属性

佐賀県武雄市在住 30代 男性
借金約200万円 借入先2社

 

借金をした理由

彼が借金をするようになったきっかけは離婚でした。彼は離婚するまでは給料や生活状況を考えて生活することができていました。

しかし、離婚後はストレスからか気分転換をするためと自分に言い訳をして、借金をしてまで自分の趣味にお金をかけるようになってしまいました。今までは夫婦で行ってきたことを一人で行わなければなくなりストレスが溜まっていったからのようです。

その時の借金は収入の範囲で支払いを行っていくことができていました。

ですが、子供が大きくなり、子供たちにかかる費用が増えていきました。これまでは支払えていた金額がだんだんと支払えなくなっていきました。その後も何とか支払いを行っていましたが、ついには新たに借金をしなければ支払えない状況にまで陥ってしまいました。

彼は、子供たちの将来のためにも貯金をしたいと考えていました。それにもかかわらず、借金返済のために借金をしてしまってはとても貯金なんてできません。そこで、彼は生活を立て直そうと自己破産の相談に当事務所に来られました。

 

 

 

 

 

 

当事務所の活動

お話を聞くと、借金の返済で赤字になるかならないかのギリギリの状態でした。何かまとまったお金が急に必要になったときは新たに借金をする他ないような状況です。

そこで、自己破産のメリット、デメリットについて説明させていただき、今後借金を増やして、最終的に自己破産を考えなければならなくなってしまうのであれば、今の時点で自己破産をして生活を立て直すようにしましょうとお話をさせてもらい、彼から依頼を受けることとなりました。

 

結果

彼は当初の借金の原因が自分の趣味のための借金であったため、浪費があったといえる状況でした。そのため、同時廃止事件ではなく、管財事件になるおそれもありました。ですが、彼に特に大きな財産もなかったためか、同時廃止事件で終わらせることができました。

人は社会生活の中で様々なストレスを受けながら生活しています。その中でもちろん息抜きは大事なことです。

ですが、自分の収入の範囲内に収めておかないと、借金の返済という新たなストレスを抱え込んでしまうことになりかねません。そのうえ、借金の返済がうまくいかなければ自己破産までありえます。

ストレスを理由に借金をする前に、一度冷静になって考えるようにしてくださいね。

分類別に見る西九州総合法律事務所の解決事例

▶ 解決事例一覧を見る
  • 性別
  • 男性
  • 女性
  • 年代
  • 20〜30代
  • 中高年世代
  • シニア世代
  • 借金額
  • 300万 円~600万 円
  • 600万  円~1000万  円

※中高年世代は40代~50代、シニア世代は60代以上です

20〜30代の最新記事

男性の最新記事

自己破産の最新記事

初回の相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。 0954-27-8056 受付時間:平日 9:00〜12:00 13:00〜18:00 メールでのご予約はこちら
初回相談無料 ご予約専用ダイヤル 0954-27-8056 電話受付 9:00〜12:00 13:00〜18:00
LINEで相談受付中