自己破産㉗販売ノルマ達成の補填のための商品購入により、 借金がかさみ自己破産した事例

依頼者属性

佐賀県 有田町在住 60代女性
借金約1000万円 借入先10社

概要

彼女は衣料品店で働いていました。会社は販売ノルマが厳しく、ノルマを達成できないときは、自分で購入しなければならないようなことが何度もありました。そのため、給料だけでは生活していくことが難しくなり、消費者金融業者から借り入れをしてしまいました。

その後も販売ノルマは厳しく、ノルマが達成できないときに自ら購入するということを繰り返し、その度に消費者金融業者から借り入れをしていました。

このような状態をなんとか続けていましたが、会社を辞めることになってしまい、収入がなくなってしまったため、返済のためにさらに借金をしなければならなくなってしまいました。

そのうえ、借金を支払うために旦那さんにもお金を借りてもらうようにまでになってしまい、その返済もありました。

このまま借金の返済に追われるばかりの生活ではなんのために生きているのかわからない、ということで当事務所に借金の相談にいらっしゃいました。

まず、彼女には多くの借金があったので、自己破産を選択する他ないことは明らかでした。ただ、彼女は古くから消費者金融業者との取引があったので、過払金が発生している可能性がありました。そこで、まず、過払金の調査を行い、その結果によっては自己破産を回避できるかもしれないということで過払金の調査を行いました。その結果、過払金がありました。ですが、自己破産を回避できるほどの金額ではなく、まだ借金は大幅に残っている状況でした。そこで、過払金の一部を自己破産の費用に充てることにしてすすめていくことになりました。

次に旦那さんの借金もあったので、この点も検討しました。自己破産も検討しましたが、旦那さんの借金額が大きな金額ではなかったことと、旦那さん名義の家があったため、ご本人が自己破産を希望されませんでした。

彼女の借金がゼロになれば、二人の年金で返済していくことができるということだったので、旦那さんは任意整理をして、頑張ってもらうことになりました。

最終的には、彼女の自己破産の申立てにより、免責が認められました

今後は二人で旦那さんの借金の返済を頑張っていってほしいと思います。

分類別に見る西九州総合法律事務所の解決事例

▶ 解決事例一覧を見る
  • 性別
  • 男性
  • 女性
  • 年代
  • 20〜30代
  • 中高年世代
  • シニア世代
  • 借金額
  • 300万 円~600万 円
  • 600万  円~1000万  円

※中高年世代は40代~50代、シニア世代は60代以上です

シニア世代の最新記事

女性の最新記事

自己破産の最新記事

初回の相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。 0954-27-8056 受付時間:平日 9:00〜12:00 13:00〜18:00 メールでのご予約はこちら
初回相談無料 ご予約専用ダイヤル 0954-27-8056 電話受付 9:00〜12:00 13:00〜18:00
LINEで相談受付中