自己破産54 仕事のために借入を増やした結果自己破産となってしまったが、悪質ではないと判断され同時廃止にできた事例

依頼者属性

佐賀県 武雄市 在住
40代 男性
借金 約500万円
借入 12社

(借金をした理由)

彼は保険の営業の仕事をしていました。営業するにあたり車は必須であったため、ローンを組んで車を購入しました。このローンはきちんと返済できていました。

しかし、彼の担当するエリアが長崎県の佐世保市、平戸市、佐賀県の伊万里市に変更となりました。長崎県から佐賀県まで広範囲のエリアを担当することとなったため、毎日長距離を車移動するようになり、毎月のガソリン代の負担が大きくなり、カードで支払いをするようになりました。また、営業のための粗品の購入費などもかさむようになり、これもカードを利用して購入するようになりました。

さらに、仕事でミスを起こしてしまいました。そのミスを上司に報告すればよかったのですが、報告することができませんでした。そのため彼は仕事上のミスを補填するためのお金を借り入れに頼ってしまいました。


このようにして借金が増えていき、返済に困りかけていたところ、彼の両親が手助けをしてくれることになりました。

しかし、彼は多額となっていた負債の全てを話すことができませんでした。両親には迷惑をかけたくなかったからです。借金の一部しか正直に話すことができませんでした。その結果、借金の大半は残ったままとなり、返済に苦労する日々から抜け出すことができませんでした。

彼は奥さんにも正直に話すことができなかったため、奥さんに渡す生活費を減らすことができず、生活費も借入をして渡すような状況になってしまいました。

そして、気付いたときには借金の返済金額が月に20万円ちかくにまでなっていました。
当然支払いを行うことができなくなり、借入先から電話や催告書などの通知が届くようになりました。そして、とうとう奥さんにも借金のことがばれてしまいました。

借金のこと、今後のことについて奥さんと話し合いをしたところ、もう自己破産をするしかないだろうということになり、自己破産の相談をするため当事務所にいらっしゃいました。

(当事務所の活動)

彼からの聴き取りによると、彼の借金は約500万円まで膨らんでいました。月の返済が20万円ちかくにまでに達していたことも先ほど話したとおりです。

当然支払いできる状況ではありません。自己破産を検討すべき案件です。ただ、数社いわゆる消費者金融業者からの借り入れがあり、過払金が発生している可能性がありました。そこで彼と話しあい、過払金が戻ってくるか確認して、過払金があればそこから弁護士費用を捻出することにして、まずは過払金の調査から始めました。

その結果、約50万円の過払金があることが判明しました。また借金の額も約310万円まで減らすことができました。

戻ってきた過払金を自己破産の費用として利用して、自己破産の申立てを行いました。

(結果)

彼の借入の原因はギャンブルや浪費などではなく、営業のための費用や、生活費、借金返済のための借金であったため、借金の原因自体が悪質な事案ではありませんでした。そのため、管財事件になることはなく、同時廃止事件として無事終わらせることができました。

保険の営業の方で、営業のための借金をされる方は多くいらっしゃいます。

一般的に保険の外交員の方は自己破産をすると仕事を辞めないといけないと言われています。

絶対そうなるというわけではないようですが、保険外交員の方で自己破産を検討されている方はこの点に注意してください。
今回の方の場合は保険外交員をしても採算があわないということで仕事を辞められた後にお越しになったので特に問題はありませんでした。

分類別に見る西九州総合法律事務所の解決事例

▶ 解決事例一覧を見る
  • 性別
  • 男性
  • 女性
  • 年代
  • 20〜30代
  • 中高年世代
  • シニア世代
  • 借金額
  • 300万 円~600万 円
  • 600万  円~1000万  円

※中高年世代は40代~50代、シニア世代は60代以上です

300万円~600万円の最新記事

中高年世代の最新記事

事業資金の補填の最新記事

新着情報の最新記事

男性の最新記事

自己破産の最新記事

解決事例の最新記事

初回の相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。 0954-27-8056 受付時間:平日 9:00〜12:00 13:00〜18:00 メールでのご予約はこちら
初回相談無料 ご予約専用ダイヤル 0954-27-8056 電話受付 9:00〜12:00 13:00〜18:00
LINEで相談受付中