自己破産㉓接待費の支払いが嵩んだことにより、個人再生の申請を 弁護士に依頼したが、折り合いが悪く、当事務所にご依頼いただいた自己破産の事例

依頼者属性

長崎県佐世保市在住 40代 男性
借金約1200万円 借入先10社

概要

彼は以前、営業の仕事をしていました。仕事にはノルマがあり、ノルマを達成するために自費で接待を行い、その営業の際の交通費なども自分で賄わなければいけませんでした

独身の時は、なんとかできていました。ですが、結婚して給料を奥さんに渡すようになってからは大変でした。営業のノルマ達成のために必要な接待費用などを自分のこずかいだけでは賄うことができなかったからです。そこで、彼はやむなく借金をしました。そこからはどんどん借り入れが増えていきました。もともと足りなかった費用を借金で賄っていたのですから、借金の返済までできるはずもありません。新たに借り入れを増やす他なくなってしまったのです。

彼は借金を回しながらの生活を続けていては借金が増えるばかりでどうにもならないと考え、弁護士に個人再生の相談に行き、個人再生の依頼をしました。しかし、その弁護士と折り合いが悪かったため、個人再生を途中でやめてしまいました

個人再生を断念したため、再び支払いの督促が来るようになりました。彼は新たに借り入れをして返済しようとしましたが、一度個人再生の準備を進めていたため新たに借り入れをすることができなくなっていました。

その後は働いた給料で利息だけでも支払うという生活をなんとか続けていました。ですが、利息しか支払っていないため全く借金は減りません。このままではなんのために働いているのかわからなくなってしまい、もう一度、借金について相談しよう、個人再生だけでなく自己破産も検討しようと、うちの事務所に相談にいらっしゃいました

彼は、今後、支払いを行っていける状況ではなく、特に大きな財産もありませんでした。今後の彼の生活を考えると個人再生よりも自己破産の方がよい事案と考えられました。彼は自己破産も選択肢の一つとして考えていましたので、私の提案に応じ、個人再生ではなく、自己破産ですすめることとなりました。

彼の場合は接待の費用として借り入れを行っていましたが、その接待費用はクラブなどの飲み屋に使われているものが多く、浪費ととらえられかねない事案でした。そこで、自己破産の依頼を受けるにあたり、管財事件になる可能性が高いことを伝えました。そして、自己破産の依頼から申立てまでの借金の返済が止まっている間に管財費用の積み立てをしてもらいながら自己破産の申立ての準備をすすめていくこととしました。

予想通り、この案件は管財事件となってしまいました。ですが、彼には大きな財産もなかったため、比較的短い期間で終了することができました。

彼が長いこと支払い続けていた借金生活から抜け出せることができて本当によかったと思います。

弁護士といっても自分に合う弁護士、合わない弁護士がいると思います。彼のように、途中で依頼を辞めてしまうようなことになると大変です。依頼する際には自分にあった弁護士を見つけてもらえればと思います。

分類別に見る西九州総合法律事務所の解決事例

▶ 解決事例一覧を見る
  • 性別
  • 男性
  • 女性
  • 年代
  • 20〜30代
  • 中高年世代
  • シニア世代
  • 借金額
  • 300万 円~600万 円
  • 600万  円~1000万  円

※中高年世代は40代~50代、シニア世代は60代以上です

中高年世代の最新記事

男性の最新記事

自己破産の最新記事

初回の相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。 0954-27-8056 受付時間:平日 9:00〜12:00 13:00〜18:00 メールでのご予約はこちら
初回相談無料 ご予約専用ダイヤル 0954-27-8056 電話受付 9:00〜12:00 13:00〜18:00
LINEで相談受付中