自己破産㉝病弱な母親を助けるため仕送りをしていたが、無職になったことで、借金がかさみ自己破産した事例

依頼者属性

佐賀県 太良町在住 30代
女性 借金約400万円 借入先12社

 

借金をした理由

 彼女は結婚してから、一人暮らしの病弱な母親を助けるため給料の全額を母親に援助していました

 ですが子供が生まれてから、出費が増えたため、母親への仕送りのお金が足りなくなってしまい、借金をして仕送りをしていました。働いていたので、頑張れば借金も返済できる、なんとかなるだろうと、安易に考えてしまったようです。

しかし、彼女は病気になってしまい、仕事を続けられなくなってしまいました

借金の返済がとても大変になり、借入先が増え、借金の総額も増えていきました。結局、母親の仕送りもできなくなってしまいました。

彼女は母親の仕送りのために借金までしたのに、借金のせいで母親に仕送りをすることができない状態になってしまい、借金の問題をまず解決しなければと当事務所にお越しになりました。

 

 

 

 

当事務所の活動

確認すると、月々返済すべき金額は彼女の収入と旦那さんの収入を合わせた4分の3ほどにまでなっていました。新たに借金をするか臨時収入がなければ当然支払える金額ではありません。自己破産以外には選択肢はありませんでした。

彼女も自己破産をある程度、覚悟していたようで、月々返済すべき金額を一緒に確認した際、こんなにも毎月なんとか支払っていたんですね、とつぶやき、自己破産をする他なさそうですねと、私に自己破産の依頼をされました。

 

結果

自己破産の手続きは、彼女の借り入れが生活費と母親への仕送りということで特に問題がなかったことと、彼女自身の財産も特になかったため同時廃止手続きで終わらせることができました。

 自己破産を検討しなければならない程、借入先、借金額が増えてしまっているような方の場合、返済日になったものから返済をしていくという返し方をしている方がほとんどです。そのため実際に毎月いくら支払っているのかを把握していない方が多いです。

借金の返済が苦しいなと思われた方は、月の返済金額と収入を確認して、今後どう行動すべきかを考えるようにしてみてください。早い段階で借金の問題について考えて行動しておけば自己破産をしないで借金の問題を解決できるかもしれません。

分類別に見る西九州総合法律事務所の解決事例

▶ 解決事例一覧を見る
  • 性別
  • 男性
  • 女性
  • 年代
  • 20〜30代
  • 中高年世代
  • シニア世代
  • 借金額
  • 300万 円~600万 円
  • 600万  円~1000万  円

※中高年世代は40代~50代、シニア世代は60代以上です

20〜30代の最新記事

300万円~600万円の最新記事

女性の最新記事

解決事例の最新記事

初回の相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。 0954-27-8056 受付時間:平日 9:00〜12:00 13:00〜18:00 メールでのご予約はこちら
初回相談無料 ご予約専用ダイヤル 0954-27-8056 電話受付 9:00〜12:00 13:00〜18:00
LINEで相談受付中