自己破産⑧自身が連帯保証人となっていた借金の自己破産を前夫がしたこと から、自身も借金を抱えることになり、最終的には自己破産をした事例

依頼者属性

佐賀県武雄市在住 30代女性 
借金約900万円 借入先8社

概要

前の夫の事業資金の借り入れの連帯保証人になったことが借金の始まりでした。前の夫の事業がうまくいかなくなり、夫婦は離婚してしまい、前の夫が自己破産したため、連帯保証人であるこの方が借金を背負うことになってしまったのです。

このような事情があったため、この方は精神状態が安定せず、体調が悪くなり、仕事ができない状況になってしまいした。そして生活のためにさらに借金をしてしまい、返済がままならなくなり、当事務所に自己破産をしたいと相談に来られました。

借金の大半が連帯保証による借金であり、浪費などの免責不許可事由に該当するような事情はこの方にはありませんでした。また、大きな財産もありませんでした。そのため、管財事件になることなく同時廃止で終了させることができました。

この方の例のように連帯保証人になってしまうと、主債務者(もともと借金を負っていた人)が支払えない時、連帯保証人は支払いをしなければならなくなってしまいます。主債務者が自己破産をして支払う必要がなくなっても、連帯保証人自身が自己破産をしない限り借金を免れることはできません。ですので、連帯保証人になってほしいと頼まれた時は、最終的には自己破産も考えなければいけないということを忘れないで、判断するようにしましょう。そうしなければ、連帯保証人になってしまったあなた自身も自己破産をしなければならなくなってしまうかもしれません。

分類別に見る西九州総合法律事務所の解決事例

▶ 解決事例一覧を見る
  • 性別
  • 男性
  • 女性
  • 年代
  • 20〜30代
  • 中高年世代
  • シニア世代
  • 借金額
  • 300万 円~600万 円
  • 600万  円~1000万  円

※中高年世代は40代~50代、シニア世代は60代以上です

20〜30代の最新記事

600万円~1000万円の最新記事

女性の最新記事

自己破産の最新記事

初回の相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。 0954-27-8056 受付時間:平日 9:00〜12:00 13:00〜18:00 メールでのご予約はこちら
初回相談無料 ご予約専用ダイヤル 0954-27-8056 電話受付 9:00〜12:00 13:00〜18:00
LINEで相談受付中