自己破産㊶嵩む借金に一家心中も考えたが、自己破産することで思い留まった解決事例

依頼者属性

佐賀県嬉野市在住
40代男性
借金約410万円
借入先7社

借金をした理由

 彼は親戚が社長を務める会社に入社し、従業員として働いていました。入社当初は会社の業績がよく十分な給料をもらえていました。しかし、会社の業績が徐々に悪化していくとともに給料が減っていくようになり、生活に困るようになっていきました。そこで、足りなくなった生活費を補填するために借入をするようになりました。

 会社の業績はいずれまたよくなるだろうと頑張っていましたが、さらに会社の業績が悪くなってしまい、給料の未払いまで発生するようになりました。生活費や借金返済のため追加で借金をしなければならなくなり、ついには生活することができなくなってしまいました。

 彼はどうにもならない状況に追い込まれ、一家心中まで考えました。しかし、子供や奥さんの将来のために頑張ろうと、親戚の会社を辞め、別の会社に就職しました。

 ただ、膨らんでしまった借金を返すことにまで手がまわりません。

 彼は自己破産をするしかないのか、自己破産以外に借金をどうにかする方法はないのか、を相談したいと当事務所にお越しになりました。

 

 

 

 

当事務所の活動

 彼の新たな仕事先の給料からすると、借金の返済をすることができる状況ではありませんでした。

 借金問題においては任意整理、個人再生、自己破産と手段がありますが、任意整理をしても支払いできるとは思えませんでした。

 また、家を所有しているなど、大きな財産があるわけでもなかったため個人再生をあえて選ぶよりは、自己破産が妥当と考えられる状況でした。

 そこで、今後大きくなっていくお子さんのことも考えると、債権者の方々には申し訳ないが、ここで1度リセットした方がいいでしょうと自己破産をすることを検討した方がよいとお話させてもらいました。

 彼は当初自己破産ではなく、借金を返済できるようにしてほしいとのことでしたが、自己破産ですすめることに納得していただくことができ、依頼を受けることになりました。

 

 

結果

 彼の借金の事情などからすると、同時廃止事件が妥当な案件でした。

 実際に、裁判所では同時廃止事件として取り扱われ、無事免責が認められました。

 借金の問題で悩み、彼のように一家心中まで考えた、自殺しようと思った、などとおっしゃる方が相談者の中にはいらっしゃいます

 ですが、自己破産の申立てを行い免責が認められた後は、自殺などせずに自己破産をしてよかった、相談してよかった、とみなさんおっしゃってくれます。

 借金の問題でお悩みの方は、決して一人で悩まないで、まずは相談をしてください。

分類別に見る西九州総合法律事務所の解決事例

▶ 解決事例一覧を見る
  • 性別
  • 男性
  • 女性
  • 年代
  • 20〜30代
  • 中高年世代
  • シニア世代
  • 借金額
  • 300万 円~600万 円
  • 600万  円~1000万  円

※中高年世代は40代~50代、シニア世代は60代以上です

300万円~600万円の最新記事

中高年世代の最新記事

男性の最新記事

自己破産の最新記事

解決事例の最新記事

初回の相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。 0954-27-8056 受付時間:平日 9:00〜12:00 13:00〜18:00 メールでのご予約はこちら
初回相談無料 ご予約専用ダイヤル 0954-27-8056 電話受付 9:00〜12:00 13:00〜18:00
LINEで相談受付中