自己破産⑥両親が経営する会社の借金の肩代わりをしたために自己破産をして その弁護士費用を分割で支払った事例

依頼者属性

佐賀県武雄市在住 30代 男性
借金約360万円 借入先10社

 

借金をした理由

この方の借金は、親御さんからお金の借入を頼まれたことがきっかけとなっていました。彼の親御さんは自営業を行っており、自分では新たな借り入れができない状況にありました。

そのうえ、経営状態も良くなく、新たな資金の借り入れが必要でした。そのため、彼は親御さんに頼まれて借り入れをし、借金を背負うようになってしまったのです。

 

彼は、その後も、お金が必要になるたびに、親御さんに頼まれ、何度か新たな借り入れをしました。借金がふくらんでいき、毎月の返済に追われるようになっていきました。

そして、月の給料では支払いを続けることができなくなってしまい、今後どうすればよいかわからないということで、うちの事務所に相談にみえられました。

 

 

 

 

 

当事務所の活動

彼の月の収入からすると到底、今後支払っていける状況ではありませんでした。自己破産をすることもやむを得ない状況でしょうと回答させていただき、その方向ですすめていくことになりました。

彼の場合、借金の原因は親御さんから頼まれたもので、事業資金や生活費に使われていたということでしたし、免責不許可事由に該当するような事情もありませんでした。

ですので、申立ての準備を行い、申立てを行えば管財事件になることもないだろうと考えられるような事案で、スムーズにすすめることができそうな事案でした。

ただ、一つ問題がありました。それは弁護士費用がないという点でした。ただ、よくよく事情を聞いてみると、一括での支払いは無理でも分割であれば弁護士費用の支払いができるとのことでした。

 

結果

うちの事務所では依頼者の方の状況に応じて、分割での支払いにも対応していました。ですので、弁護士費用の点もクリアすることができ、破産の申立てもうまくいき、管財事件になることなく免責が認められました。

いろいろな事情で借り入れをせざるを得ない状況があると思います。その後、うまく返済できればよいですが、うまくいかないこともあるでしょう。

借金問題で悩まれている方は、一度相談にお越しください。話すだけでもだいぶすっきりすると思いますよ。

分類別に見る西九州総合法律事務所の解決事例

▶ 解決事例一覧を見る
  • 性別
  • 男性
  • 女性
  • 年代
  • 20〜30代
  • 中高年世代
  • シニア世代
  • 借金額
  • 300万 円~600万 円
  • 600万  円~1000万  円

※中高年世代は40代~50代、シニア世代は60代以上です

20〜30代の最新記事

300万円~600万円の最新記事

男性の最新記事

自己破産の最新記事

初回の相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。 0954-27-8056 受付時間:平日 9:00〜12:00 13:00〜18:00 メールでのご予約はこちら
初回相談無料 ご予約専用ダイヤル 0954-27-8056 電話受付 9:00〜12:00 13:00〜18:00
LINEで相談受付中