自己破産㉙旦那の給料に波があるため、自動車ローンの返済が滞り自己破産した事例

依頼者属性

 

佐賀県 多久市在住 30代 
女性 借金約450万円 借入先9社

概要

 彼女には、最初自動車のローンしかありませんでした。しかし、旦那さんの給料に波があり、自動車ローンのお金を準備できない時がありました。そこで、銀行のカードローンで少額の借り入れを行い、補填しました。少額でしたので翌月の給料が入ったら銀行のカードローンを一括で返済しようと考えていました。しかし、翌月も旦那さんの給料が予定より少なく、銀行のカードローンを返済することができませんでした。しかも、生活費も足りなかったため、新たな銀行のカードローンを作り、借入をしてしまいました。

また、彼女のお子さんの習い事での大きな出費もありました。このことを旦那さんに相談すればよかったのですが、彼女は相談することができず、消費者金融業者から借り入れをしてしましました。

 このように、一時期に借金が重なってしまい、その返済のために徐々に借金が膨らんでいってしまいました。

 彼女は、旦那さんに相談できずに、借金の返済に困り、当事務所に相談にお越しになりました。相談は、借金を払うことが難しい、自己破産も検討している、自己破産のことを詳しく知りたい、という内容でした。

 彼女の収入と旦那さんの収入を合わせれば、借金の返済がなければ生活できる状況でした。ただ、借金の返済を考慮すると生活が成り立たなくなってしまうため、自己破産を考えるしかありませんでした。

 問題は、彼女が自動車ローンを返済中だったことでした。自動車ローンが残っている場合、通常はローン会社が自動車の所有者名義をローン会社としているため、自己破産などの手続きを行うとローン会社が自動車を引き上げてしまうことになるからです。自己破産ですすめていく以上、自動車が引き上げられてしまうことは避けられないので、この点を十分検討してもらう必要がありました。

 そこで、彼女に自己破産を希望するのであれば、自動車が引き上げられる可能性が高いことを告げ、その点を考慮して自己破産を依頼するかを考えてもらうことにしました。

 結果、やはり支払うことができないので、自動車が引き上げられてもしょうがない、自己破産を依頼したい、とのことで、お受けすることとなりました。

 自己破産の手続きは、彼女の借金の原因に問題がなく、自動車も引き上げられており、特に財産もなかったため、同時廃止の手続きで終了させることができました。

 自己破産をする場合、自動車ローンの返済中であれば、通常自動車は引き上げられることが多いです。自動車ローンの返済が終わっていたのであれば、その自動車の価値によっては残せることもありますし、債権者に配当するために売られてしまうこともあります。

 佐賀、長崎などの地域では、自動車は必需品です。夫婦で自動車を一台ずつ持っていらっしゃる方も多いです。自動車のことが気になって、自己破産の相談ができないという方は一度ご相談にお越しいただければと思います自動車が残せるか、残せないかの目安をお話することができると思います。気軽にご相談下さい。

 

分類別に見る西九州総合法律事務所の解決事例

▶ 解決事例一覧を見る
  • 性別
  • 男性
  • 女性
  • 年代
  • 20〜30代
  • 中高年世代
  • シニア世代
  • 借金額
  • 300万 円~600万 円
  • 600万  円~1000万  円

※中高年世代は40代~50代、シニア世代は60代以上です

20〜30代の最新記事

300万円~600万円の最新記事

女性の最新記事

自己破産の最新記事

解決事例の最新記事

初回の相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。 0954-27-8056 受付時間:平日 9:00〜12:00 13:00〜18:00 メールでのご予約はこちら
初回相談無料 ご予約専用ダイヤル 0954-27-8056 電話受付 9:00〜12:00 13:00〜18:00
LINEで相談受付中